私はずっと子育てに悩んでいました

結婚してからずっと仕事を続け、3人の子供を出産しましたが、みな保育園にあずけていたので、子育ては人任せだったような引け目を感じていました。
特に長女は、他人の子供さんと比べると、何もかもが遅れていて、自分が育てなかったから、仕事を続けていたから、そう悩んでいました。なので、長女の子育てには大変厳しくしすぎてしまい、ついつい他の子供さんと比べ、なんでできないの、早くしなさい、これが口癖になっていました。
英語の通信教育をやらせた事もあります。

 

そんな自分も嫌で、でも仕事も忙しく、毎日イライラする日々でした。益々長女は自信を喪失し、引っ込み思案になっていきました。
そんな時、聴いたのが、世界にひとつだけの花です。ナンバーワンにならなくてもいい、オンリーワンだと言う歌詞を聞き今までの自分がすべて間違っていることに気がついたのです。涙があとからあとからあふれて、自分の未熟さを知りました。それからは、子供には比べない、自分は自分だということを常に伝えて、長女も活発的になっていきました。ダメな母親でしたね。